2022年04月01日

2022年度活動への期待と抱負

「北海道女性研究者の会」会員の皆様へ

新型コロナ危機の継続に加え、
出口が見えないプーチン政権のウクライナ侵略戦争の中で
本会活動への期待と抱負を考える

 2021年度における本会活動は、新型コロナウイルス感染拡大が世界的に進行し、一堂に会することが難しい中で初めて第75回例会(磯貝恵美子会員による公開講演会)と総会をオンラインで開催しました。本会ホームページ(HP)やメールを通して、情報公開や意見交換、会員との交流を一昨年(2020年)以上に進めることができたと思います。
 2021年度に発行した「通信77号」には、第75回例会報告「制御不能をもたらす天災とその影響〜巨大地震から新型コロナウイルス感染症まで〜」や特集「ポストコロナ時代を見据えて」などを掲載し、2月に会員の皆さまにお届けしました。通信を読まれた会員の方々から様々なご感想やご意見をお寄せいただき感謝しています。いただいたご意見を今後の活動に活かしていきたいと考えています。
 今年度の世話人会体制は2015年改定の「新規約」に基づく2期目の2年度を迎えます。依然として世界中で続く新型コロナ危機に加え、今年2月に始まったロシアプーチン政権によるウクライナ侵略により無差別殺戮や文民施設の破壊が拡大し、ウクライナは悲惨な状況になっています。1000万人を超える国内外のウクライナの避難民(400万人以上が国外に避難)や戦争で亡くなる人が増え続ける中で、プーチン政権は生物化学兵器や核兵器の使用を仄めかし、残虐な戦争を続けています。グローバル化や共生社会が声高に語られる21世紀の時代に何故こんなことが起きているのでしょうか? 人類の叡智が試されているかのように多くの問いが我々に重くのしかかってきます。
 今年度の本会活動では、従来の「リモートアクセス」や「省エネルギー」、「ダイバーシティー」化を追求しながら、女性研究者に負荷されてきたジェンダーギャップを解消する方向で活動を継続しつつ、その基礎にある平和の追求にも微力を尽くしていきたいと考えます。そして、「北海道女性研究者の会」らしい知恵を発揮できる発表の場も設けていきたいと思います。
今年度もご助力・ご協力をお願いいたします。

2022年4月1日  共同代表:新國三千代/森谷
posted by 北海道女性研究者の会世話人 at 00:00| ご挨拶