2021年07月26日

2021年9月8日15時〜オンライン「公開講演会」

下記の通り、Zoomによるオンライン公開講演会を開催しますので、ぜひご参加ください。
一般の方も参加可能です(参加無料)。
【日時】2021年9月8日(水)15時から16時30分
【講演タイトル】
 制御不能をもたらす天災とその影響
 〜巨大地震から新型コロナウイルス感染症まで〜
【講演者】磯貝恵美子(東北大学名誉教授)
【参加方法】
 参加希望者は、連絡先メールアドレスを下記宛お送りください。
 参加(閲覧)方法について別途お知らせします。
 申込先 :hw-mail@hw-rscher.sakura.ne.jp (代表)
      (@は半角にしてください)
 申込締切:8月25日(水)
【後援】札幌市教育委員会、北海道教育委員会

なお、講演終了後、Zoomによる総会(30分程度) を開催しますので、会員の方は是非ご参加ください。
詳細は添付の2021年9月8日北海道女性研究者の会「公開講演会」ポスター.pdfをご覧ください。
posted by 北海道女性研究者の会世話人 at 15:07| お知らせ

2021年07月01日

通信77号特集企画(ニュース第1号)

会員のみなさまへ

     「北海道女性研究者の会」共同代表:新國・森谷

 通信77号の特集企画について進行状況をお知らせします。

1.通信77号の特集企画のテーマの募集結果(5月末締切)
下記の1件の応募がありました。
提案者:森谷級員と落合滋子会員の連名
タイトル:「ポストコロナ時代を見据えて」(仮題)

2.特集企画の決定とWGの始動
世話人会で1.の提案を承認し、下記メンバでWG(ワーキンググループ)を始動しました。
WGメンバ:森谷求A落合滋子、山田惠子、山舗直子、新國三千代

3.特集企画WGの参加会員募集
WGに参加する会員を募集しています。WGメールアドレス宛(wg-mail@hw-rscher.sakura.ne.jp,使用時は@を半角に変更要)お知らせください。

4.特集企画の原稿募集
特集企画の下記の題目の原稿執筆者を募集しています。切り口はお任せします。
タイトル(仮でも可)を7月末迄にWGメールアドレス宛(wg-mail@hw-rscher.sakura.ne.jp,使用時は@を半角に変更要)お送りください。
なお、原稿ページ数は通信の1〜5ページ以内、締切は9月末予定。執筆要領は本会HPの「通信原稿の執筆要領」をご参照ください。
(題目)
(1)人口問題
(2)ジェンダー平等
(3)食糧問題
(4)環境(経済・エネルギー源・地球温暖化・災害多発など)
(5)感染症・健康問題
(6)戦争と平和
(7)人権問題
(8)その他の自由な題目

5.第二弾「会員の声」の募集(予告)
前号の特集企画で掲載した「会員の声」の第二弾として、会員のみなさまの声を募集する予定です。お尋ねする内容は、コロナ禍が続くこれまでを振り返り、あぶり出されたこと(課題)、ポストコロナ時代を見据えて行動したいことや希望・期待、さらに、参考になる本や新聞記事の紹介などです。
7月に質問用紙を配布しますので、昨年同様積極的にみなさまの声をお寄せください。

 WGメールアドレス:wg-mail@hw-rscher.sakura.ne.jp
          (使用時は@を半角に変更要)
posted by 北海道女性研究者の会世話人 at 00:00| お知らせ

2021年05月11日

『通信77号』原稿募集のご案内

北海道女性研究者のみなさまへ

    北海道女性研究者の会 通信編集責任者 山舗直子

 今年度通信77号の発行に向けて原稿募集を開始いたします。通信原稿の執筆要領_2021年4月改定版.pdf通信原稿のsample(執筆用)_2021年4月.docxWord版をご覧の上、原稿をお寄せくださいますようお願いいたします。
 なお、執筆要領とWord執筆者用のサンプルは、本会HP(http://hw-rscher.sblo.jp/の「通信原稿の執筆要領」からもダウンロードできますので、ご活用ください。

 原稿の締切、送付先等は下記の通りです。なお、原稿のタイトルとカテゴリー(※)を予めお知らせくださるとありがたく思います。
※カテゴリーには次のようなものがあります。詳細は執筆要領をご覧ください。
・レポート(研究・活動報告); 研究報告/紹介、活動報告
・近況報告;就活・異動、退職などの近況報告
・エッセイ:学会参加見聞、旅行記など
・著書紹介:著書、書評、読んだ本などの紹介
・特  集:本号の特集テーマを募集しています。既に会員のみなさまへのメール配信(2021年5月9日付け、件名「道女性研:『通信77号』の特集企画の「テーマ」募集」)でお知らせしていますが、是非ご応募ください。
―――――――――――――――――――――――――――――
◎タイトルとカテゴリーの締切:2021年7月末日(これ以降でも、提出の予定が決った段階でお知らせください。仮タイトルでも結構です。)
◎原稿の締切:2021年10月末日
◎タイトルおよび原稿の送付先:yamasikiアットマークrakuno.ac.jp(通信編集責任者 山舗直子)
 (送信時はアットマークを半角記号@に変換してください)
―――――――――――――――――――――――――――――
posted by 北海道女性研究者の会世話人 at 12:37| お知らせ

2021年05月06日

『通信77号』の特集企画の「テーマ」をお寄せください!

北海道女性研究者のみなさまへ

「北海道女性研究者の会」世話人会では、会員の関心や意見などを会の活動に積極的に反映する取り組みを行っています。具体的な一活動として、通信75号(2019年発行)から、会員の方々を対象に特集テーマを募集し、特集記事を集めて通信に掲載する企画を行って来ました。
今年度も通信77号の特集テーマを会員の皆様から募集いたします。お寄せいただいたテーマの中から企画するテーマを世話人会で決定し、会員と世話人でワーキンググループを立ち上げて、特集の企画・編集を進める予定です。
会員の皆様からの多数のご提案をお待ちしております。どうぞ自由な形式で「テーマ」と簡単な内容の説明、またはご意見をお寄せ下さいますようお願いします。提出先と締切は末尾をご覧ください。

参考まで、これまでの特集企画を挙げておきます。
・通信75号(2019年発行)
「シニア会員座談会」を開催し、特集記事として編集・掲載しました。

・通信76号(2020年発行)
COVID-19が世界的に拡大する中で、
「新型コロナ危機を経験して〜強く感じたこと、見えてきたこと、未来への希望〜」をテーマに設定し、編集・掲載しました。

提出先メールアドレス:hw-mail@hw-rscher.sakura.ne.jp
           (@は半角にしてください)
締切:5月31日(月)

        2021年5月6日  北海道女性研究者の会世話人会
posted by 北海道女性研究者の会世話人 at 22:10| お知らせ

2021年03月11日

「日本学術会議会員任命拒否と『学問の自由』を考える講演会」のご案内

3月20日(土)15時〜
「日本学術会議会員任命拒否と『学問の自由』を考える講演会」のご案内

           北海道女性研究者の会 共同代表:新國・森谷

 北海道女性研究会有志という形で「日本学術会議会員任命拒否」について三団体共同の抗議声明を出していますが、この活動の一環として、道内の関係団体と「日本学術会議新規会員の任命拒否と『学問の自由』を考える講演会」(下記に概要掲載、詳細は3・20講演会.pdfをご覧ください)を開催することにしましたので、お知らせします。
 参加方法は、会員のみなさまにメール配信でお知らせしますので、そちらをご覧ください。
posted by 北海道女性研究者の会世話人 at 17:00| お知らせ